京都でHSPや大人の発達障害カウンセリングならチーム・アドベンチャー
京都でHSPや大人の発達障害カウンセリングならチーム・アドベンチャー

京都で、HSP・大人の発達障害カウンセリングなら

誰よりも、優しく思いやりをお持ちのあなたに知っていただきたいことがあり、このメッセージをお届けしています。

あなたは、いま、こんな生きづらさを感じていらっしゃいませんか?

  • 多人数の集まりや、初対面の人とコミュニケーションを図るのが苦手…
  • 自分は、まわりの人と違っていると感じ、うまく人間関係を築くことができない…
  • 家族やパートナーは、自分のことを理解してくれないと感じ孤独だ…
  • ささいな言葉でも、相手を不快にさせたのでは?と気になってしまう…
  • ちょっとしたことで、すぐに落ち込んでしまう… etc

生きづらいのは、あなたのせいではありません

 

ご存知のように、上記のようなお悩みは「HSP」(ハイリー・センシティブ・パーソン=生まれ持って、神経が細やかで感受性が強い気質の人)の方にしばしば見られる特性です。

HSPは、病気ではありません。

世界の全人口の15~20%が、HSPであるとも言われています。

つまり、15億7500万人の方たち(2021年現在)がHSPなんですね(←病気であるはずがない!)。

しかし、まだHSPについて社会的に十分に理解されていないことも事実です。

それゆえに、現状は生きづらさを感じることが多いかもしれません。

でもどうか、ご自分を責めないでください。

そして「今のままのあなたでいいんだ」ということを知っておいてください。

私は、心優しくて思いやりのある“繊細”なあなたに、もっと自分らしくイキイキとした毎日を送っていただきたいと願っています。

脳のバランスを整えることが大切です

ちなみに、一般的な表現としての「発達障害」で見られる特性もHSPと似ている部分があります。

正直、HSPか?発達障害か?という明確な線引きは難しく、そんな線引きは不要です。

HSPや発達障害は、“いわゆる一般の方”とは異なった脳の動き(パターン)を持っています。

わかりやすく表現するなら、ある出来事や刺激に対して、脳が勝手に反応(反射的)してしまうことがあるんですね。

しかし、実は“ある運動”によって脳のバランスが整い、パターンが変えられることをご存知でしょうか?

その運動の名前は

と言います。

なぜ、赤ちゃんはギュッと握り返してくれるの?

「原始反射」という言葉をご存知ですか?

ちょっと耳慣れない、難しそうな響きですね。

例えば、赤ちゃんの手の平に指などを入れるとギュッと握り返してくれます。

実は、それが「原始反射」と言って、赤ちゃんが本能的に行う動きなんですね(厳密には、いくつかの反射的な動きの総称を「原始反射」と言います)。

(個人差はありますが)原始反射は、脳の成熟ともに3歳ぐらいまでには“統合”すると言われています。

統合とは、反射的な行動から意識的な行動に変わることです。

しかし、原始反射が統合されないまま残存すると、反射が起きなくてもいいときに起きてしまうことがあります。

そしてその結果、社会生活上で困りごとが生じてしまうこともあります。

例えば、つぎのようなことです。

  • 誰かのちょっとした言葉に深く傷ついてしまう
  • 相手の気持ちを気にしすぎて、疲れてしまう
  • 相手のささいな言葉から敵意を感じてしまう
  • 自分がまわりからどう思われるかが気になり、思ったことが言えずにガマンしてしまう
  • つねにストレスを感じて苦しい etc

PRIMとは?

PRIM(プリム)を使った、脳のパターン変容のメソッドは、京都市上京区で「心体脳バランス調整センター」を主宰し、プロフェッショナル・キネシオロジストである安藤晶子(上写真:左)がまとめた脳のバランスを整えるメソッドです。

簡単な動きで“ストレスケア”ができる「キネシオロジー」という脳科学をベースに、足裏刺激による調整や頭蓋骨の施術を組み合わせたPRIMに、努力はいりません。

PRIMは、がんばらなくても良い「簡単な動き」を通じて自然に脳のパターンが変わり、その結果、いま感じておられる生きづらさを解決に向かわせることができます。

その動きとは、子供のころに”足りなかった動き”です。

原始反射というものは、十分な動きによって統合されるのですが、子供のころの動きが不十分であった場合は、原始反射が残存してしまい、自分の意志とは無関係に、動かなくてもいい時に反応が起きてしまうのです。

 

反応というのは、行動面だけでなく、怖いと感じたり、危ないと感じるといった、メンタル面でのストレスも含みます。自分ではみんなと打ち解けあいたいと思っているのに、身体が固まってしゃべることができないなど・・どうですか?心当たりがありませんか?

生きづらさの原因には、役に立たない学習が関与しています

  • 今生での経験による学習(茶髪の人に怒られた→茶髪の人は怖い etc)
  • 原始反射の残存による学習(手の反射の残存→片付けは苦手だ etc)
  • 過去生での経験による学習

安藤晶子は、2010年のサポート開始から、2000名を超えるお客様の”生きづらさ”と向き合い、解決のサポートを行ってまいりました。その中で発達が気になるクライアンさまを専門的にサポートする「チーム・ PRIM」が生まれました。自社で発達と原始反射の仕組みを学んだ方たちが、学びと経験を生かしてチームを組んだのです。

HSPであれ、発達障害であれ、それらに当てはまらないケースであれ、生きづらさの原因は上記のいずれか、または上記が複合的に関与していると考えられます。

 

生きづらさの原因を調べて、それに応じた対処を行うことが生きづらさ解消の有効な手立てになると思いませんか?

何より大切なことは、いま生きづらさを感じておられる方が少しでも生きやすくなること、そしてそのための具体的な方法を知っていただくことだと思います。

そこで、お試しいただきたいのが

PRIM・原始反射統合セッション(120分)

です。

PRIM・原始反射統合セッションを受けることで期待できる変化とは?

セッションのおもな目的は、クライアントさんの生きづらさの“根本原因”を明らかにすることです。

そして、期待できる変化の一例が以下です。

  • 生きづらさの根本原因がわかります
  • 必要な動きをすることで、脳のパターンが変わり、自然に問題が解決に向かいます
  • ご自分に合った“ラクな生き方”がわかりはじめます
  • これからの人生がよりよい方法に変わることが感じられて希望が持てます
  • 人生が輝く“きっかけ”がつかめます!

成果には個人差があります

体験セッションのながれ

以下のながれで進めてまいります。

1.ストレスの聞き取り

セッションにお越しになった理由や、現在一番困っておられること、ストレスと感じることなど、こちらからの質問も交えながらくわしくお伺いしております。

生きづらさは、それら要因が相互関係によってもたらされていることも少なくありません。

2.根本原因の特定

キネシオロジーという手法を使って、潜在意識(筋肉の反応)を調べ、ストレスの根本原因を探ります。

生きづらさの原因の深層にアプローチすることで、表面的ではない改善をもたらします。

3.ストレス解放手段の決定

根本原因がわかったら、私たちは全力でその解放にチャレンジします。

起きていることへの気付きを高めたうえで、ストレス解放の手段としてキネシオロジーの中から必要な調整法、必要な動きを調べます。

4.バランス調整

ストレスを感じているところは、バランスを崩しているところ。

数多くのキネシオロジーバランス調整法から、おひとりおひとりに最適な手法をチョイスし、必要な動きを行っていただくことで、本来のバランスを取り戻します。

5.変化の確認

行動や意識に変化が起きたかどうかを調べます。

身体の反応とともに、ロールプレイやイメージングで、ゴールの達成を確認します。

インストラクター紹介

安藤 晶子(あんどう あきこ)
PRIM開発者
プロフェッショナル・キネシオロジスト

2003年より、脳のバランスに興味を持ち、右脳の力を伸ばす「速読スクール」を経営。その中で生徒や親御さんの”ストレスケアの必要性”を感じ、その方法を模索するうち、“簡単な動き”でストレスケアが可能になる「キネシオロジー」というメソッドに出会う。

以降、キネシオロジストの国際資格を取得し、速読スクール生以外のお客さまにもセッションを提供するようになる。セッションの内容は、親子・人間関係のみならず、生活面の悩みや学習面の悩み、家族の確執など多岐にわたる。

2018年秋「発達の遅れ」に関する個人セッションが頻発した際、キネシオロジーに、足裏刺激や頭蓋骨への施術を組み合わせることで発達が促進することを実証。また、原始反射の残存と、人生の課題が大きくリンクしていることを突き止める。

それらの経験・知識を体系化し、原始反射統合プログラム「PRIM」を開発。現在は、個人セッション、体系的に学べるクラスのほか、PRIMインストラクターの養成を行なっている。

山野辺 みゆき(やまのべ みゆき)
PRIMインストラクター

PRIM(原始反射統合メソッド)は、いろんな可能性を開いてくれます。講座を受けることで、「出来ないことは多いけど、生まれて半世紀以上たっている私でも(笑)まだ発達中なんだ!じゃあこれからたくさん出来るようになるんだな!」と思えたんですよね。

実際に、苦手だった食べ物が食べられるようになったり(吸啜反射)、ストレスがかかると手に力が入らなかったのが、しっかり握れるようになったり(手掌把握反射)、他にもいろいろと出来なかったことができるようになりました。この文章を書いてることもその一つ。表現することはとても苦手なことでしたが、ずいぶん楽にできるようになりました。

いくつになっても、動くことで原始反射が統合され発達が進みます。一緒に発達して楽にいきましょう!

角村 里美(かくむら さとみ)
PRIMインストラクター

私達はいくつになっても常に発達をし続けていて、誰もが自分のペースを持って進んでいます。しかし、さまざまな環境や状況下で、自分のペースが保てなくなり大きなストレスを抱えてしまうことがあります。その根本原因に「原始反射の残存」があり、統合することで今よりも前に進みやすくなります。

発達が気になるお子様をお持ちの方、ご自身の発達が気になる方はもちろん、人とのコミュニケーションや閉所(高所)恐怖症、片付けが苦手な方など、すべての方にオススメです。どうぞ気軽にお声かけください。

戸田 さとみ(とだ さとみ)
PRIMインストラクター

2016 年度まで公立幼稚園に勤め、のべ 500 人の 子どもたちの担任として育ちにかかわり、子育て中のおかあさんの悩みをお聴きしてきました。

あらゆる相談事も「その場では」解決できたとしても、同じことを繰り返してしまうのはなぜか?それは保護者のお母さんたちとも共通する、私自身の悩みでもありました。

そんな私が、しっかりと足を付けて生きていけるようになったと 実感できるようになったのは、「原始反射の統合」という切り口で自分自身の人生を見つめ直し、自分の歩んできた道から気づきを得ることができたからです。

現在14歳と9歳の子どもの子育ての真っ最中。子どもの育ちを間近で見つつ、自分自身の育て直しを今、楽しんでいます。

子どもにかかわる毎日の中で、「もっと気楽に生きていきたい」と思う人が、自分のココロとカラダの声を聴き、より豊かに周りの人や環境にかかわっていく状態を手に入れることへのお手伝いをしたいと思っています。

松本 美穂子(まつもと みほこ)
PRIMインストラクター

私は、幼い頃より、社会や家庭で生きづらさをずっと抱えていました。人生の大半をもがき、半ば諦めていましたが、「発達と原始反射」に出会い、私には、原始反射の動きが足りなかったから、生きづらかったんだ!と、わかりました。

PRIMをした結果、友人たちには口々に「軽くなったね!」と言われ、その激変ぶりは、自他共に認めるところです。明るい色やスカートで女性であることを楽しみながら、毎日の小さな出来事がバランス調整のギフトであるとの思いを胸に、生きることを愛し楽しんでいます。

人はいくつになっても発達できます。気付いた時が、始まり。世界が明るくなって、楽になっていきます。無限の可能性を秘めた心・体・脳と共に、一緒に発達していきましょう!

自らの体験を通して、生きることが楽しくなる輪を広げていきたいと思っています!

体験セッションは、つぎのような方にはお勧めいたしません

  • 生きづらさをご自分で解決する気がなく、インストラクターに解決してもらおうという依存的な方
  • すぐに大きな変化や効果を求められる方(変化には最長で42日間かかります)
  • ご自分のことを、インストラクターにオープンにお話しすることをためらわれる方
  • 自分の物の見方に固執し、新しいチャレンジを拒んでおられる方

一方、つぎのような方にはお勧めいたします

  • 今より、ラクに自分の力を発揮できるようになりたい方
  • お困りごとを解消したいというパッションのある方
  • ご自分、もしくは周りの方の発達や変化に興味がある方
  • ご自分が人生で繰り返している事象の意味を知りたい方
  • 子供時代を取戻し、発達を進めたい方

体験セッションの受講料

HSP、発達障害の脳の特性や、脳のパターンを理解することは大切です。

しかし、現状の脳の状態のままで考えると、同じ思考しか生まれてこないので、生きづらさを解消するためにはかなり時間がかかります。その場合、頭で「何とかしなくては」と考えるばかりで、かえってご自分に生きづらさを課してしまうリスクが起きます。

それに対しPRIM・原始反射統合メソッドは、簡単な動きをすることで、脳のバランスを整え、これまで学習したパターンを変えることができます。

その結果、同じシーンであってもストレスを感じにくくなったり、生きづらさが解消されていくのです。

そのように、今よりもっとイキイキと自分らしく輝ける人生を歩む“きっかけ”となるPRIMセッションの受講料は…

12,000円(90分)

限定3名さまとなります

できるかぎり、HSPや発達障害でお困りの方たちのお力添えができればと思っております。PRIM個人セッションをお受けいただける新規の方の人数は、毎月3名さまです。

ご興味をお持ちくださった方は、今すぐお申し込みいただき、ご予約を確定させてください。

セッション会場(心体脳バランス調整センター)

  • 住所:京都市上京区革堂内町520-1 N号室
  • 最寄駅:市営地下鉄「今出川」徒歩7分、京阪電車「出町柳」徒歩6分
  • 駐車場:周辺のコインパーキングご利用ください

お申し込みは、LINE・ホームページ・お電話からどうぞ!

0120-37-8946

 お申し込みフォームはコチラ

友だち追加

最後に、実は、私も発達の遅れがあります

私、安藤晶子にも発達の遅れがありました。

例えばそれは「極端に数字が苦手」ということです。

私は、ビジネスパーソンでもありますから、収支の計算などもしなくてはいけないんですが、それがとてもとても苦手だったんですね(苦笑)。

そんな自分を「ダメだな」と思ったこともありましたし、みんなと同じようにならなければとがんばってみたものの、うまく行かず落ち込みました。

けれど、そのような日々の中で、原始反射統合の動きに出会い、数字が苦手ということと、足裏の反射がかかわっていることが分かったのです(人生とのリンク)。

その結果、PRIMが生まれ、今や数字はお友達。決算以外の会社の収支は、税理士さんを雇わず行い、決算書も読むことができます。

なんでも自分でできることがいいとは限りません。でも私は数字が苦手という意識を変えたかった、克服したかったのですね。

簡単な動きをいくつかしただけなのに、こんなに変わるのか!と自分自身の変化に驚きます。また、それを達成した今、さらなる新しいチャレンジに向かっているのは、数字への抵抗感が薄れたおかげです。

そして、私だけでなく、PRIMインストラクターたちも、PRIMによって自身を変えてきた経験をもっています。その経験をベースに、お客様をサポートをさせていただいております。

原始反射は統合すればいいというものではなく、人生とどのようにリンクしているかが重要なのです。

あなたは、これまでがんばってこられました

これらのことから言えるのは「誰しも発達の遅れはある」ということです。

だからこそ、HSPであろうが、発達障害であろうが、もしこれをご覧のあなたが「自分はダメだ」とか「この世は生きづらい」と感じておられるのなら、一度PRIMを試してみていただきたいと思います。

PRIMによって変わる可能性が歴然とあるので、そこに手を伸ばしていただきたい思います。

ぜひ、このつづきは、実際のPRIMセッションでいたしましょう。

お申し込みをお待ちしております。

最後までおつき合いくださいまして、感謝申し上げます。

0120-37-8946

 お申し込みフォームはコチラ

友だち追加

追伸

PRIMセッションが、あなたが毎日をラクに生きられるようになり、これからの人生がますます輝けるようになる、小さくとも“着実”な一歩になると信じております。

なお、くり返しになりますが、受講いただける人数が毎月3名さまとなります。

どうぞ、ご希望の方は今すぐお申し込みいただき、人生がもっと輝くきっかけをつかんでください。

0120-37-8946

 お申し込みフォームはコチラ

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました